注目記事

【FGO】織田信勝の絆礼装まとめ。―――あとはお任せします、姉上。

スポンサーリンク
絆礼装
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔王の手向け

織田信勝(アーチャー)装備時のみ
自身がやられた時に自身を除く味方全体の(信長)に回避状態を付与(2回・3T)

イラストレーター
東山雄勢

解説
とある寺の墓前に手向けられた一輪の彼岸花。

城下で遊び疲れた帰り道、川べりで語るその話は奇想天外にして気宇壮大。
凡庸な己などにはまるで思いもつかない新しき天下の形。
なにより落ちてゆく陽を受け、紅く燃え上がるように煌めくその瞳に心を奪われていた。

いつまでも、いつまでも、そこで笑っていたかった。

いつまでも、いつまでも、そこで泣いていたかった。

いつまでも、いつまでも、そこで共にありたかった。

だが時代が、戦乱の世が、彼を取り巻く全てがそれを許してはくれなかった。

何故、己はこうも愚鈍にして無能なのか。
何故、己はその瞳に適う才を持ち得なかったのか。
何故、己はこの背を追い続ける事すら出来ないのか。

なればこそ、かの者を貶め阻む全てのモノを除き
かの者を照らす焔の贄となし、己が身すらもその業火に投げうつ事しか出来なかった。

のちに神仏衆生の敵と畏れられ
魔王と呼ばれしかの者の道行きを定めた一輪の徒花。

―――あとはお任せします、姉上。

ああ……、でも出来ることなら
もう少し姉上と遊んでいたかったなぁ……。

スポンサーリンク
絆礼装
FGOまとめ速報

注目記事

コメント

注目記事