注目記事

【FGO】水着葛飾北斎の絆礼装まとめ。ちんせつゆみはりづき。 『南総里見八犬伝』で知られる曲亭馬琴作の読本(よみほん)。

スポンサーリンク
絆礼装
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椿説弓張月

葛飾北斎(セイバー)装備時のみ、
自身の宝具威力を30%UP+自身がやられた時に自身を除く味方全体の宝具威力を15%UP(3T)

イラストレーター
東山雄勢

解説
『椿説弓張月』

ちんせつゆみはりづき。
『南総里見八犬伝』で知られる曲亭馬琴作の読本(よみほん)。
葛飾北斎が挿絵を担当し、当時の江戸の読者に絶大な人気を博した。

北斎の娘“お栄(応為)”は手先が器用で、木彫り人形に服を着せた“芥子人形(または豆人形)”を作ってはよく売っていたという。
若き頃のお栄が読本に夢中になり、椿説弓張月のヒーロー源為朝や、はたまた北斎の門人・葛飾北嵩挿絵の絵本『金花夕映』の竜宮仙女を気に入り、芥子人形のモデルとしたことがあったかもしれない。

スポンサーリンク
絆礼装
FGOまとめ速報

注目記事

コメント

  1. アーチャー源為朝実装フラグかな?

注目記事