注目記事

【FGO】ラクシュミー・バーイーの絆礼装まとめ。それは、一人の王妃が見据えた未来だった。

スポンサーリンク
FGO ラクシュミーバーイ 絆礼装
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終焉、されど想いは続く

ラクシュミー・バーイ装備時のみ
自身がフィールドにいる間
味方全体のQuick性能を10%UP &NP獲得率を10%UP

イラストレーター
―――

解説

彼女の戦いは終わった。

祖国ジャーンシーは陥落した。
次に身を寄せたカールピーも捨てざるを得なかった。
そして最後に辿り着いたグワーリヤルの地にて、
彼女の命運は尽きた。

遺された人々の眼に刻まれたものは何か。
砕かれた城壁か。無惨な死体の山か。
英雄たる王妃でも現実には勝てぬという、
無慈悲な摂理か。

否。

人々が見出したのは違うものだ。“確かにそこにある”と。
人々が気付いたのは違うものだ。“忘れてはならない”と。

それは、一人の王妃が見据えた未来だった。
自分達が護らなくてはならないものだった。

だから、彼女『達』の戦いは終わらなかった。

そこから始まった。

スポンサーリンク
絆礼装
FGOまとめ速報

注目記事

コメント

注目記事