アクセスランキング

注目記事

【FateEX】転輪する勝利の剣。「Fate/EXTRA Last Encore」第11話のあらすじや用語解説まとめ。

「Fate/EXTRA Last Encore」第9話 11話 レオ ガウェイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO.001
太陽の頂

DjQ9PtjU4AIjfhF.jpg

DjQ9P4nU8AIstK2.jpg

黄金の海に囲まれた、大小の剣の山が乱立した世界。
雲海の上に、いくつもの山の頂いただきが見えている。
事実上、聖杯戦争における決戦の場。
ここではムーンマイル・ラダーは降りてこない。
もう『上がる階層』はないからだ。
ひときわ高い山の頂に神殿跡があり、
そこがマスター同士の決戦場となっていた。
この決戦場で勝利したマスターは、
自動的にムーンセル中枢のある『熾天の檻』に招かれる。

……『熾天の檻』から落とされた岸波白野の最期の土地。

NO.002
転輪する勝利の剣

DjRBPuNUUAAtOOf.jpg

DjQ9qPgU8AY1s3j.jpg

白銀のセイバー、ガウェインの宝具。
聖剣エクスカリバーの姉妹剣。
その柄に人工太陽を宿す炎の聖剣。
純粋な破壊力であれば聖杯戦争の中でもトップランクの宝具。
レオの膨大な魔力供給と強化術式により、その威力は更に向上する。
真名開放による一撃はセイヴァー・覚者の
『天輪聖王、七つの武具』と拮抗、これを上回る。
岸浪ハクノとセイバーを
第7階層から辺獄まで貫き落としたのがその証左。

NO.003
攻性防壁ファイヤーウォール

DjRBf2RUcAA1Qw_.jpg

DjQ86kLU8AArWkw.jpg

月の聖杯戦争で敗れたマスターが灼かれる防壁。
マスターの命を奪うのは敵マスターではなく、
不要になった敗者を処理するSE.RA.PHの、
ひいてはムーンセルの敷いたルールそのものである。


注目記事

注目記事